読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋でアートセラピスト・カウンセラーになる!   ~イーブンハートスクール~

名古屋で本格的なアートセラピーを学ぶなら、イーブンハートスクール

自分がどんな人に見えているか分かる ~エゴグラム豆知識④~

スタッフ井上です。

エゴグラムは自分で自分を判断するだけでなく、人に書いてもらうことで「人から自分がどう見えているか」を知ることができます。

f:id:jeha-college:20170414131316j:plain

例えば自分では「私ってけっこう人に冷たいタイプ」と思っているのに、人から「あなたはいつも優しい人だね」と全く違った印象を持たれていて驚くことはありませんか?

これは自分の中の「優しい」の基準が相手の「優しくしてほしい」基準より上だったということです。

 

人間同士なので、人に求める基準、自分がどこまで要求に答えるかの基準もそれぞれ違います。

自分では「そんなに優しくしていない」と思っていても、それは世間では十分優しい言動だったということもありうることです。

 

このように人にエゴグラムを書いてもらうことで、自分で認識している自分の姿と、他人が認識している自分とを統一させることができます。

「がんばって優しくしようとしなくても、今のままでいれば大丈夫」

「自分にだけ厳しいつもりだったけど、思ったより人にも厳しくしているのかな。今度からもうちょっと優しく接してみよう」

など、書いてもらったエゴグラムを参考に、自分のできる範囲で人との接し方を変えてみるのもいいかもしれません。

 

もちろん、他人ばかり気にしていると自分らしさがなくなってしまうので、「あくまでも参考」です。

 

夫婦、恋人間などでエゴグラムをお互い書いてみると、より相手の良さや、自分のことを好んでいてくれる理由が分かってきます。

仕事等で使用する場合は、お客様対応をしている時のエゴグラムを書いてもらったりすると、いつもどのように接客しているのかが見えるのではないでしょうか?

 

 

 

交流分析エゴグラムを含む精神分析)を学んで人間関係のお悩みを解決しませんか?

詳しくはスクールホームページまで! 

今日の井上ブレンド

スタッフ井上です。

今日は夏におすすめのブレンドになりました。

 

レモンバーム

ハイビスカス

ローズヒップ

ペパーミント

f:id:jeha-college:20170413121812j:plain

鮮やかなハイビスカスの赤色で見ただけでも元気が出てきそうです。

ハイビスカスはかなり酸っぱいので量を少なめに。

今回は量がちょうど良かったのか、それとも私が疲れていたのか、程よい酸味でした。

夏になったら濃いめに作って冷やしてソーダで割るとオシャレなジュースになります。

 

評価:7

 

言葉を味わうワークショップ ~心理学カフェ~

スタッフ井上です。
今日の午前中は心理学カフェでした。
テーマは「あなたも相田みつをになれる」

 

ファシリテーターは「きょんちゃん」こと江副(えぞえ)京子さん。
ゆったりとした語り口調で、相田みつをの詩をじっくり味わうことができました。

f:id:jeha-college:20170412230649j:plain

数ある相田みつをの詩の中から今日の気になる一つを選び、感じたことを絵にしてみます。
詩は言葉が少ない分、それを読みながら自身で想像したり、自分に置き換えて感じてみることが自由にできます。

f:id:jeha-college:20170412230717j:plain

最後に今日感じたことを自分の言葉で表現してみました。
皆さんの言葉、そしてその言葉に秘められた思いが感じられる素敵なワークショップでした。

 

 

次回の心理学カフェは「楽ちんになる“耳”のおはなし」

お楽しみに!

今日の井上ブレンド

スタッフ井上です。

今日は少し酸味のある、爽やかブレンドです。

 

レモングラス

レモンピール

ローズヒップ

ローズマリー


f:id:jeha-college:20170411180244j:image

レモンピールとローズヒップは抽出に時間がかかるので、長めに置きます。

待ちきれずに写真は先に撮りました(笑)

 

今日のブレンドはかなり好評。

評価:9

 

アートセラピー研究会 ~色を並べる~

スタッフ井上です。

今日の午後はアートセラピー研究会、テーマは「色相環」でした。

f:id:jeha-college:20170412210116j:plain

ファシリテーターはピッカピカの笑顔のまるちゃんこと山下陽子さんです。

 

まずは色紙を使っての色相環、そして様々な画材を使って色相環を作ってみました。

f:id:jeha-college:20170412210403j:plain

画材によって色味や書き心地などが違い、それによって色相環が逆回転になったり、茶色や肌色が入ったりしています。

よく皆さんが目にするマンセル色相環やオストワルト色相環には茶色や肌色などの色は入っていませんが、参加者の感覚でそれらの色も入ってきます。

 

その後はシュタイナーの色相環をみんなで描いてみました。

f:id:jeha-college:20170412211110j:plain

この独特の色相環、これがシュタイナーの色相環なんだそうです。

写真ではあまり見えないのですが、最初は三原色(赤、青、黄色)と白黒だけのものに、だんだん他の色が浮かび上がり、なんと最後にピンクが出てくる不思議!!

私たちの心の奥底の無意識という混沌の中にも、このような様々な色が渦巻いているのかもしれません。

 

色が浮かび上がる過程を楽しむことがセラピーだと感じました。

 

最後に絵の具で「今日の自分の色」を三原色で作りました。

パレットもまたステキです。

f:id:jeha-college:20170412212101j:plain

三原色なのに全く違った色ができ、その人らしさが出ているパレットです。

「この色は私だったら作れない色!」

とみんなが他の人のパレットを見ながら言います。

 

同じ画材や色を使っても、同じものはできない。

これが個性です。

 

 

アートセラピー研究会は毎月第2水曜日に開催しています。

 

jeha-college.hatenablog.com

 

次回は、はじくを楽しむ「スパッタリング」の回。

参加ご希望の方は協会ホームページまで!

 

 

アートセラピーを学びたい!

幼児教育、福祉施設などで使いたいという方はスクールホームページへ!

 

名古屋で本格的なアートセラピーを学ぶ