読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋でアートセラピスト・カウンセラーになる!   ~イーブンハートスクール~

名古屋で本格的なアートセラピーを学ぶなら、イーブンハートスクール

適応とは?

スタッフ井上です。

 

最近考えていることは「内と外」

私たちが社会に適応していくためには、自分の持っている価値観などと社会や身近な人の価値観をすり合わせて行かないといけません。

 

例えば

あなた→〇〇を売りたい

社会→〇〇を買ってもらえない

こんな状況になった場合、あなたは「諦める」「商品の名前を変えてみる」「ニーズを喚起する」など、社会とのすり合わせをすることで、適応していきます。

 

人間関係も同じで

あなた→落ち込んでいるAさんを励ました

Aさん→励まされたくなかった

ということになればあなたは「Aさんに何も言わないけれど近くにいる」「Aさんから一時離れる」などのすり合わせを行います。

 

人間が生きている以上、価値観や環境が違うのが当たり前なので、自分のやりたいようにだけやっていても適応することはできません。

反対に社会や周辺の人々の意向ばかりを反映していると、「自分らしさ」というものがないロボットのようになってしまいます。

 

どちらもやりすぎは良くないんですが、みなさんはバランスが取れていますか?

偏っているとしたら、どちらに偏っているでしょうか?

 

f:id:jeha-college:20170122235817j:plain

 

自分の内側と外側(社会や環境)とのギャップを埋めること。

その際に自分の本当に「譲れない」と思う部分は、あえて埋めようとはせずに貫くこと。

それが適応ということなんだと私は思います。

 

 

 

あなたの「譲れない」を見つける 

未来クリエイター養成講座についての詳しい内容はコチラ→

jeha-college.hatenablog.com