読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋でアートセラピスト・カウンセラーになる!   ~イーブンハートスクール~

名古屋で本格的なアートセラピーを学ぶなら、イーブンハートスクール

人間関係を円滑にする極意

~代表 落合のつぶやき~

結婚記念日。今日で満22年を迎えた。二人とも仕事。明日の夜は娘が外食するというので、夫婦でごはんでも食べに行こうかな。

「忘れてたでしょ」と私が言えば、夫「覚えとるわい」失礼しましたf^_^;)

休みの日も生活時間も違うので、なかなか一緒に出かけることも少ないけれど、結婚前から今日まで、まことに話題に事欠かない。お互いの仕事のこと(あたしゃ、夫の会社のパートさんの名前まで知っている)、読んだ本のこと、夫の好きな音楽のこと、いつも何か喋っている。でもお互いに無理に相手の行動には合わせない。できることは頼み合う。お互いのことを一番知っていると信じている…が、本当にそうかどうかは詮索しない。

夫は私とも娘とも対等だ。娘が幼い頃、娘のことを「子どもというより、小さい友達、という感じ」と言ったのには新鮮な驚きがあった。夫と娘は今も仲が良いが、「嫁に出したくない」とか、「彼氏ができたら動揺する」とか、そんな気持ちはないと言う。結婚前から、私のことも、女としてより人間として見てくれていた。その感覚が私には心地よい。

「率直だけれど頑なではない」これが人間関係を円滑にする極意だと、最近講座でもよく口にするが、私と夫の関係もそうだし、生徒さんやスタッフとの関係も、きっとそれだから上手くいっているのだろう。

変わり者同士、割れ鍋に綴じ蓋、腹の立つこと、足りないところはお互い様、共に白髪も既に生え、次に手を繋ぐのは、綾小路きみまろの漫談ではないが、足元が危なくなってからだろう。娘もいずれ巣立つ。迷惑をかけぬよう、元気なジジババでいなくてはf^_^;)

 

 

 

名古屋で本格的なアートセラピーを学ぶ!