名古屋でアートセラピスト・カウンセラーになる!   ~イーブンハートスクール~

名古屋で本格的なアートセラピーを学ぶなら、イーブンハートスクール

時を止める

~代表 落合のつぶやき~

エンデのモモを読む講座。シュタイナーの哲学も踏まえて。

丁度講師養成講座で、シュタイナーの色彩論についての話題も出たところ。あまりにも多くの分野にまたがる深遠な哲学で、包括的にざっくり説明するのが難しい。モモの話の筋の中でどう関連づけて講義をしようかと悩ましい。

物語を交代で音読して頂いている。時間はかかるのだが、やはり声に出して読んで、美しい文章も味わいたい。言葉は音楽だ。モモを扱うには、そのやり方が相応しいように思う。本心は月一回では物足りない。「時」をテーマにゆっくりと語り合う、こんな余裕がもっと持ちたいと願いながら、なかなか叶わぬ私もまた、「灰色の紳士」に毒されているのかも知れない。せめて僅かの講座のひとときだけでも、日常を流れる時間とは異次元の、心の深遠に迫りたい。生産的な暮らしにばかり焦ると、「生きる本質」を見失いそうだ。

心理療法で過ごす時間は濃密で、しばし「時を止める」。それには多くのエネルギーを必要とするので、浦島太郎のように、知らぬ間に外部では時間が過ぎていて、恐ろしく年をとっているのではなかろうか、と危ぶむ心持ちになることがある。芸術に携わる人はどうなんだろうか?同じような気持ちを味わう人もいるのではないだろうか?

「時」は果たして万人に同じく刻まれているのだろうか?明日はそんなことを語り合いたい。

 

 

まずは私が幸せになる!そして次はとなりの誰かを・・・