名古屋でアートセラピスト・カウンセラーになる!   ~イーブンハートスクール~

名古屋で本格的なアートセラピーを学ぶなら、イーブンハートスクール

自分は大切な存在

~代表 落合のつぶやき~

第一土曜日「ソクラテスの部屋」終了。

ランチをしながら出たとこ勝負でお話を進める。今回の話題は発達障がいについて。

感じ方や理解の仕方が独特なので、お付き合いにはちょっとした工夫がいるが、個性的で嘘のないこの人たちが、私は好きだ。理由のわからない暗黙のルールや常識を理解しないので、対人関係に苦慮される方も多いが、世の中の「常識」というものへのアンチテーゼを突きつけられることは、定型発達と言われる人たちに大きな気づきを生むこともある。

その純粋さにかけては、世の中にこんな「魂の穢れを持たない人」がいるのか、と時折感嘆する。

発達障がいを持つ人が、犯罪を犯したり、攻撃性の高い行動を起こすのは、実は障がいが原因ではない。彼らのこだわりやものの見方の特徴が他者に理解されにくく、「言うことを聞かない」「強情な子」と思われ、子どもの頃からよく叱られたり、場合によっては虐待に合っているケースもある。それが元で人に敵意を持ったり、自己尊重感を育てられず、歪んだ性格になる。

発達に特徴のある子どもを育てるには、何より「人は善きもの」「自分は大切な存在」ということを、心深く根付かせ、起きている現実の問題を正しく認識し、根拠を説いて教え、問題解決志向で育てることが大切だ。

職場で扱いにくい人がいて困る、というご相談の中にも、大人の発達障がいが疑われるケースが最近多い。多くの人に、上手なお付き合いの仕方を知って頂きたい。丁度今月のまちサポは「主な精神疾患と発達障がい」の講。単回受講も可能なので、是非皆様にご参加頂きたい。

 

 まずは私が幸せになる!そして次はとなりの誰かを・・・